« 命の期限は24日AM9時。7頭の命、繋がますように・・・ | トップページ | 崩壊した保護団体、再建へ。 »

殺処分が延期されてなければなくなっていた命

チョビタンですdog

今日は予報通り寒かったですねsweat02

これからどんどん寒くなると思うとゾッとしますsweat01

比べ物にならないほどゾッとしたのは

昨日の記事の明日殺処分される犬たちの中にいた

1頭のこと。

この犬は判定で落ちましたが殺処分が延期され

明日の殺処分が決まっていました。

が、飼い主さんのお迎えがあり無事お家に帰ることが

できました。

間一発助かりました。

殺処分が延期されていなければもうこの世にいなかった。。。

飼い主さん、間にあって本当によかった。

悔やんでも悔やみきれないことにならなくて

本当によかった。

迷子の収容犬たちの保護期間は地域により違いますが

3日~10日くらいです。

万一犬がいなくなったら大至急、近隣の警察、保健所に連絡を。

迷子札や鑑札はつけてくださいね。

マイクロチップは読み取らない時もあるようです。

161104_201801

ボクとモモも、ついてますよ、迷子札happy01

↓↓↓迷子札推進のクリックをお願いしますheart04

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

|

« 命の期限は24日AM9時。7頭の命、繋がますように・・・ | トップページ | 崩壊した保護団体、再建へ。 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。